(意味深)

メル獲得量・ドロップ率に関する計算式の解析

2018/1/5 記事修正 修正内容:記事内のタイプミスの修正

要約
・ファントムのユニオン効果、潜在のメル獲得量増加、ユニオンの富はそれぞれ加算関係にあり、財物獲得の秘薬は乗算関係にある。

・レベル範囲モンスターにおけるメルドロップ率は65%であり、ファミリアのメルドロップ率中で約96%、同メルドロップ率大で約100%となる。

・同ランクのメルドロップ率増加系の能力とアイテム・メルドロップ率増加系の能力が混在する時、メルドロップ率増加系の能力が優先される。

・以上より、
メルドロップ大ファミリアを用いた場合(=メルドロップ率100%にする)のメルドロップ率を含む総メル取得量の倍率(M)の計算式は、
ファントムのユニオン効果を "P" 、潜在のメル獲得量増加を "潜在1,潜在2,...,潜在n" 、
ユニオンの富を "" 、財物獲得の秘薬を "秘薬"とすると、

M=(1+P+潜在1+潜在2+...+潜在n+富)*
  秘薬*100/65


となる。


実践結果
消滅の旅路の洞窟 下で10分間メル取得量を計測しました。
3回計測の結果、ドロップ率・ドロップ量補正なしでは平均1,519,403メルを取得しました。

この時のファントムのランクSユニオン効果、潜在のメル獲得量40%(20%、20%)、ユニオンの富、
財物獲得の秘薬、メルドロップ率大のファミリアを用いた場合、
メル取得量の理論値は
1,519,403*(1+0.03+0.2+0.2+0.5)*1.2*100/65=5,413,750メル(約3.56倍)
となります。

これを踏まえたうえで、上記条件で再度メル取得量を計測しました。
3回計測の結果、平均値は5,517,069メルとなり、増加倍率は約3.63倍、理論値との誤差は約+1.91%となりました。

このことから、この計算式は実践で通用し得る計算式であると考えられます。

追記にて詳細な方法と結果を記述します。

FC2Blog Ranking

前回の記事にて、メル獲得量増加の潜在アイテム(略称:潜在)と、ユニオンの富(略称:富)は加算関係にあり、富と財物獲得の秘薬(略称:秘薬または薬)は乗算関係にあることが分かりました。
一方潜在同士が加算か乗算か判断するには情報が少なく、また実践においてはメルドロップ率の影響も出るため、実践的なデータが不十分なままでした。

ジャクムを利用してドロップ量などを計測する方法は、回数が決められている為データの管理は容易でしたが、より精度の高いデータを得るにはサンプルが少ないと言う欠点があります。
また、前回のおまけでも触れましたが、ジャクムのメルに複数のグループがある可能性もあり、これがサンプルの少なさに拍車をかけていました。

そこで、今回はレベル範囲モンスターからのメルドロップからメル獲得量を計測した後、メルドロップ率増加系のファミリアを用いた場合ドロップ率がどのくらい増加するかを計測したうえで、実践で通用し得るかどうかの検証を行いました。



検討項目
メル獲得量の計測
補正なし
潜在20%
潜在40%(20%、20%)
秘薬
潜在40%+秘薬
ファントムのSランクユニオン効果(略称:PtmまたはP)
潜在40%+秘薬+富
潜在40%+秘薬+富+P
ミナル森のセット効果
ファミリアのメル獲得量+10%

メルドロップ率の計測
補正なし
メルドロップ率中(略称:メル中)
アイテムとメルドロップ率中(略称:I&M中)
I&M中+メル中
アイテムとメルドロップ率大とメルドロップ率大(略称:I&M大+メル大)
ミナル森のセット効果
秘薬
秘薬+メル中

方法・使用したもの
メル獲得量の計測
・レヘルン夜市 鶏が戯れる場所1にて、狩りの内容を録画し、狩り終了後録画内容からメル獲得量を計測した。
・ペットのアイテム収集をオフにし、メル袋を溜める周期とメル袋を拾う周期に分けて狩りを行った。

メルドロップ率の計測
・レヘルン夜市 鶏が戯れる場所1にて、ペットのアイテム収集をオンにし、討伐個体数を計測しながらメルドロップ率を計測した。
・マルチキルボーナスを避けるために、攻撃スキルはすべてブレスト(5次ブレスト強化20以上の状態)で攻撃した。
・メル袋の実際の収集数は計測せず、メル獲得量の計測から得られた平均メル獲得量から推定メル袋取得数を計算した。


・使用キャラ:220Lvパラディン ファントム(ユニオン用、メル獲得量3%増加)
・使用装備: 指輪 
・使用ファミリア:メル中 I&M中 メル大+I&M大 メル獲得量+10%
・使用アイテム:ユニオンの富1段階 財物獲得の秘薬



結果

1.メル獲得量の計測

① 補正なし
メル獲得量01 補正なし

拾得したメル袋は102個、合計168,983メル、平均1,657メル、最大1,974メル、最小1,329メルとなりました。
以後、この結果を基準にメル獲得量の結果を示します。


② メル獲得量20%
メル獲得量02 潜在20

拾得したメル袋は102個、合計202,096メル、平均1,981メル、最大2,384メル、最小1,590メルとなりました。
①と比較してメルは平均・最大・最小ともに約1.2倍増加しました。


③ メル獲得量40%(20%、20%)
メル獲得量03 潜在40

拾得したメル袋は102個、合計235,247メル、平均2,306メル、最大2,781メル、最小1,854メルとなりました。
①と比較してメルは平均・最大・最小ともに約1.4倍増加しました。
このことから、潜在同士は加算関係にあることが分かりました。


④ 財物獲得の秘薬
メル獲得量04 秘薬

拾得したメル袋は102個、合計202,695メル、平均1,990メル、最大2,367メル、最小1,592メルとなりました。
①と比較してメルは平均・最大・最小ともに約1.2倍増加しました。


⑤ 潜在40%(20%、20%)+秘薬
メル獲得量05 40秘薬

拾得したメル袋は102個、合計284,670メル、平均2,791メル、最大3,334メル、最小2,226メルとなりました。
①と比較してメルは平均・最大・最小ともに約1.68倍増加しました。
このことから、潜在と秘薬は乗算関係にあることが分かりました。(1.4*1.2=1.68)


⑥ ファントムのユニオン効果
メル獲得量06 ファントム

拾得したメル袋は102個、合計175,361メル、平均1,7222メル、最大2,041メル、最小1,371となりました。
①と比較してメルは平均・最大・最小ともに約1.03倍増加しました。


⑦ 潜在40%(20%、20%)+秘薬+富
メル獲得量07 潜在40秘薬富

拾得したメル袋は102個、合計391,761メル、平均3,841メル、最大4,514メル、最小3,026メルとなりました。
①と比較してメルは最大・最小は約2.28倍、平均は約2.32倍増加しました。
平均は高い値となりましたが、最大・最小の結果から
潜在同士、富はともに加算関係にあり、
秘薬は潜在・富と乗算関係にあることが分かりました。


⑧ 潜在40%(20%、20%)+秘薬+富+Ptm
メル獲得量08 潜在40秘薬富P

拾得したメル袋は102個、合計386,058メル、平均3,785メル、最大4,581メル、最小3,074メルとなりました。
①と比較してメルは最大・最小は約2.32-2.31倍、平均は約2.33倍増加しました。
平均は高い値となりましたが、最大・最小の結果から
ファントムのユニオン効果は潜在・富と加算関係にあることが分かりました。


⑨ ミナル森のセット効果
パンテオン小学校様より、メル獲得量+20%の効果があることが示唆されたため、今回追加で検証しました。
メル獲得量09 ミナル森

拾得したメル袋は102個、合計165,704メル、平均1,625メル、最大1,984メル、最小1,323メルとなりました。
①と比較してメル獲得量に有意差は認められず、
ミナル森のセット効果はメル獲得量増加に影響を与えないことが分かりました。


⑩ ファミリアのメル獲得量+10%
今回メルドロップ率増加用ファミリアを用意するためにファミリアを回していたところ、メル獲得量+10%の効果を引いたため、今回追加で検証しました。
メル獲得量10 ファミ10

拾得したメル袋は102個、合計167,616メル、平均1,643メル、最大1,987メル、最小1,335メルとなりました。
①と比較してメル獲得量に有意差は認められず、
ファミリアのメル獲得量+10%はメル獲得量増加に影響を与えないことが分かりました。



2.メルドロップ率の計測

ⅰ 補正なし
メルドロップ率1 補正なし

モンスター討伐数は818体、取得したメルは883,687メルとなり、1.①の結果より、推定メル袋取得数は533.31個となり、メルドロップ率は約65.20%となりました。
この結果を基準にメルドロップ率の結果を示します。


ⅱ メルドロップ率中
メルドロップ率2 メル中

モンスター討伐数は794体、取得したメルは1,261,962メルとなり、1.①の結果より、推定メル袋取得数は761.59個となり、メルドロップ率は約95.92%となりました。
ⅰと比較すると、メルドロップ率は約1.47倍増加しました。


ⅲ アイテムとメルドロップ率中
メルドロップ率3 IM中

モンスター討伐数は846体、取得したメルは1,182,348メルとなり、1.①の結果より、推定メル袋取得数は713.55個となり、メルドロップ率は約84.34%となりました。
ⅰと比較すると、メルドロップ率は約1.29倍増加しました。


ⅳ I&M中+メル中
メルドロップ率4 IM中_メル中

モンスター討伐数は797体、取得したメルは1,269,610メルとなり、1.①の結果より、推定メル袋取得数は766.21個となり、メルドロップ率は約96.14%となりました。
ⅰと比較すると、メルドロップ率は約1.47倍増加しました。
また、ⅱの結果とほぼ変わらない結果となったため、
メルドロップ率増加系の能力とアイテム・メルドロップ率増加系の能力が混在する時
メルドロップ率増加系の能力が優先され、アイテム・メルドロップ率増加系の能力はメルドロップ率に影響を与えないことが分かりました。


ⅴ I&M大+メル大
メルドロップ率5 IM大_メル大

モンスター討伐数は825体、取得したメルは1,372,816メルとなり、1.①の結果より、推定メル袋取得数は828.49個となり、メルドロップ率は約100.42%となりました。
ⅰと比較すると、メルドロップ率は約1.54倍増加しました。
また、ⅳの結果より、メルドロップ率増加系の能力が優先されると考えられ、
この効果はメルドロップ率大の効果によるものであると考えられます。
(本来であればメルドロップ率大単体で持つファミリアで行うべきでしたが、著者は調達することができませんでした。)


ⅵ ミナル森のセット効果
メル獲得量の計測の結果、ミナル森のセット効果はメル獲得量増加に影響を与えないことが分かりましたが、メルドロップ率に影響を与える可能性を考え、メルドロップ率を計測しました。
メルドロップ率6 ミナル森

モンスター討伐数は912体、取得したメルは975,418メルとなり、1.①の結果より、推定メル袋取得数は588.67個となり、メルドロップ率は約64.55%となりました。
ⅰとほぼ変わらない結果ため、ミナル森のセット効果はメルドロップ率に影響を与えないことが分かりました。


財物獲得の秘薬
財物獲得の秘薬の表記に、メルドロップ率が20%増加するという記述がなされているため、
メルドロップ率に影響を与える可能性を考え、メルドロップ率を計測しました。
(旧効果の表記はメル拾得量が10%増加するとなっている。参考:悪銭身に付かず様
メルドロップ率7 秘薬

モンスター討伐数は833体、取得したメルは1,199,895メルとなり、1.の結果より、推定メル袋取得数は602.96個となり、メルドロップ率は約72.38%となりました。
財物獲得の秘薬はメル獲得量も増加させるため、今回は比較に④の結果を用いました。

ⅰと比較すると、メルドロップ率は約1.11倍増加したため、
財物獲得の秘薬はメル獲得量だけでなくメルドロップ率も増加させることが分かりました。
旧アイテム獲得率増加効果やメル獲得量増加効果から類推すると、
メルドロップ率増加効果は10%乗算増加であることが考えられます。


ⅷ 秘薬+メル中
ⅱの結果とⅶの結果を踏まえ、秘薬とメル中を併用した場合、メルドロップ率にどのような影響が出るか検証しました。
メルドロップ率8 秘薬_メル中

モンスター討伐数は836体、取得したメルは1,656,432メルとなり、1.の結果より、推定メル袋取得数は832.38個となり、メルドロップ率は約99.57%となりました。
この結果より、秘薬とファミリアのメルドロップ率増加効果は重複し、
メル中と秘薬でもメルドロップ率約100%を達成し得ることが分かりました。



まとめ
以上、これまでの検証結果から、

・メル獲得量増加の潜在アイテム・ユニオンの富・ファントムのユニオン効果のメル獲得量増加は加算増加。
・財物獲得の秘薬のメル獲得量増加は乗算増加。
・ミナル森のセット効果、ファミリアのメル獲得量+10%にメル獲得量増加効果はない。

・レベル範囲モンスターのメルドロップ率は65%
・メルドロップ率を100%にするにはメルドロップ率大のファミリアか財物獲得の秘薬とメルドロップ率中のファミリアが必要

ということになり、ドロップ率を含めた総メル取得量の倍率M
(補正なしと比較して最終的にどれだけメル取得量が増加するか)の公式は、前述のとおり

M=(1+P+潜在1+潜在2+...+潜在n+富)*秘薬*100/65

となります。

式中のPはファントムのユニオン効果、富はユニオンの富、秘薬は財物獲得の秘薬、
潜在1,潜在2,...,潜在nは装備中のメル獲得量増加の潜在アイテムn個、
100/65はメルドロップ率を65%→100%に増加させた際の倍率を示します。


これを踏まえて、実際にこの公式通り総メル取得量が増加するかを実践しました。



実践結果
消滅の旅路の洞窟 下で10分間メル取得量を計測しました。
メルドロップ実践1 補正なし

3回計測の結果、ドロップ率・ドロップ量補正なしでは平均1,519,403メルを取得しました。
この時のファントムのランクSユニオン効果、潜在のメル獲得量40%(20%、20%)、ユニオンの富、
財物獲得の秘薬、メルドロップ率大のファミリアを用いた場合、
メル取得量の理論値は
1,519,403*(1+0.03+0.2+0.2+0.5)*1.2*100/65=5,413,750メル(約3.56倍)
となります。

これを踏まえたうえで、上記条件で再度メル取得量を計測しました。
メルドロップ実践2 補正あり

3回計測の結果、平均値は5,517,069メルとなり、増加倍率は約3.63倍
理論値との誤差は約+1.91%となりました。

このことから、この計算式は実践で通用し得る計算式であると考えられます。

参考資料:実践時の動画

補正なし1回目

https://www.youtube.com/watch?v=sNnwFzafUg0

補正あり1回目

https://www.youtube.com/watch?v=Zo3Fyy_UOWs

また、未検証のままの2件
・シャドーのスキル「グリッド」(メル獲得量20%増加)
・リブートにおける関係式
については、いずれも装備・ファミリア等が不十分なため、今回は見送ります。
誰かが書いてくれることを願います(他人任せ)

おまけ






FC2Blog Ranking

休日つぶしてまで5000文字も何書いてるんやろ俺…
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する