(意味深)

復帰勢・新規勢・金策する人等向けの記事リンク

スポンサーサイト

PageTop

自分用メモ

呪文の痕跡フィーバータイム
2017年12月10日(日) 0:00:00~23:59:59

レベリングチャート
PageTop

レベリング進捗

メインIDのユニオンレベルは約7.2kとなり、前回の報告から120くらい増加しました。
ユニオン 1119


また、DK、DA、SM、CSの4体がLv200となりました。



レベル増加量の詳細は以下の通りです。


レベル 1119



グラフ(クリックで拡大)
レベルグラフ 1119

表中の200レベル達成キャラは太字、新規200達成キャラは加えて赤字で示しています。
グラフ中の青部分は前回Lv、赤部分は今回の増加量を示しています。



ゼノンIDのユニオンレベルは、4.5kに到達しました。
ゼノンユニオン 1119

本来であれば5kかそれ以上まで上げたかったところでしたが、
予定外の調べ物ができたため、結局4.5k止まりとなりました。


今後の方針は、サクチケ再販があればメインIDの、なければゼノンIDの
レベリングを進める予定ですが、リアルのほうが忙しくなってきたので、
少なくとも1月頃までは大した活動はできないと思います。



おまけ
PageTop

犯人



1111ぶろぐらんきんぐ1
ゆーかり鯖の住民様より

わし「へー、わざわざランキング押してる人いるんか、物好きな人だなあ」









――――数分後――――









わし「ブログランキングでも見るかー。誰かなんか面白い記事書いてねえかなあ」



1111ぶろぐらんきんぐ2
ブックマークからランキングに飛ぶ



わし「ん?そういえばこのURL」

わし「これ誰かのランキングから飛んだ時のURLだよな。」










1111ぶろぐらんきんぐ3
ブックマークからURL確認


わし「ID817814って誰のブログやろか。まさか自分のか?」











1111ぶろぐらんきんぐ4
自分のランキングのID確認


わし「ID949096ってことは自分のブログじゃないな…まさか…」













1111ぶろぐらんきんぐ5



ID「817814やぞ」

わし「なるほど。」






犯人は私ですね(名推理)



p.s. もし迷惑であれば本来のURLに変更しておきます。
PageTop

メル獲得量・ドロップ率に関する計算式の解析

前回の記事にて、メル獲得量増加の潜在アイテム(略称:潜在)と、ユニオンの富(略称:富)は加算関係にあり、富と財物獲得の秘薬(略称:秘薬または薬)は乗算関係にあることが分かりました。
一方潜在同士が加算か乗算か判断するには情報が少なく、また実践においてはメルドロップ率の影響も出るため、実践的なデータが不十分なままでした。

ジャクムを利用してドロップ量などを計測する方法は、回数が決められている為データの管理は容易でしたが、より精度の高いデータを得るにはサンプルが少ないと言う欠点があります。
また、前回のおまけでも触れましたが、ジャクムのメルに複数のグループがある可能性もあり、これがサンプルの少なさに拍車をかけていました。

そこで、今回はレベル範囲モンスターからのメルドロップからメル獲得量を計測した後、メルドロップ率増加系のファミリアを用いた場合ドロップ率がどのくらい増加するかを計測したうえで、実践で通用し得るかどうかの検証を行いました。


結論

メルドロップ大ファミリアを用いた場合(=メルドロップ率100%にする)のメルドロップ率を含む総メル取得量の倍率(M)の計算式は、
ファントムのユニオン効果を "P" 、潜在のメル獲得量増加を "潜在1,潜在2,...,潜在n" 、
ユニオンの富を "富" 、財物獲得の秘薬を "秘薬"とすると、

M=(1+P+潜在1+潜在2+...+潜在n+富)*
  秘薬*100/65


となる。


実践結果
消滅の旅路の洞窟 下で10分間メル取得量を計測しました。
3回計測の結果、ドロップ率・ドロップ量補正なしでは平均1,519,403メルを取得しました。

この時のファントムのランクSユニオン効果、潜在のメル獲得量40%(20%、20%)、ユニオンの富、
財物獲得の秘薬、メルドロップ率大のファミリアを用いた場合、
メル取得量の理論値は
1,519,403*(1+0.03+0.2+0.2+0.5)*1.2*100/65=5,413,750メル(約3.56倍)
となります。

これを踏まえたうえで、上記条件で再度メル取得量を計測しました。
3回計測の結果、平均値は5,517,069メルとなり、増加倍率は約3.63倍、理論値との誤差は約+1.91%となりました。

このことから、この計算式は実践で通用し得る計算式であると考えられます。

追記にて詳細な方法と結果を記述します。

FC2Blog Ranking
PageTop